ことばのリボン「こころを守る壁」

今日もお付き合い頂き、ありがとうございます。 大型連休も始まり、町の中も賑やかな雰囲気で すでに楽しんでいらっしゃる皆さんは、多いことが良く分かりました。 そんな楽しい気分を一足先に、映画で味わってきました。 ディズニー映画「ズートピア」です。 主人公のジュディの相棒、キツネのニックがポツリと言ったひと言が 私の心に、チクっと痛みのような感覚を残しました。 「傷付いていたら、負けさ。」 ・・・何だか、とても切ない気持ちになりました。 何度も何度も、悲しみを経験すると、諦めてしまうのかもしれません。 自分が期待せずにいれば、不必要に辛い思いはしなくて済むから。 これって、私たち人間のことなんですよね。 うすはりグラスの心を、丁寧に梱包して幾重にも緩衝材を巻いて巻いて。 傷付くことが多いほど、心を守る城の壁はみっしりと重くなる。 でも、その壁を壊す機会もたびたび訪れます。 壊して崩して、また積み上げてを繰り返しながら、心を育てていくのでしょう。 心を守る壁は、人それぞれ厚みが違うもの。 一歩踏み込むようなときには、真摯に心を配りたいですね。 良い週末を!

ことばのリボン「心を配る」

今週もお付き合い頂き、ありがとうございました。 熊本・大分の震災のニュースが毎日届く中、 「今度は私たちが支える番ですね。」という声を方々から聞きます。 もちろん私もその一人です。 さて先日、居心地の良いイタリアンのお店に行ってきました。 こじんまりした店内ですが、地元の常連さんもカジュアルな雰囲気で 本格的なイタリアンを楽しんでいらっしゃいました。(写真はイメージです) 私も、丁寧に仕込まれたお料理を味わっていました。 「美味しい。幸せ♪」と。 そんな時、入ってきたあるお客様。 隣のテーブルというより、お店全体に聴こえるような声で、 誰かへの不平不満を口にされていました。 その方は相当ご立腹の様子で、お料理が出されるまで延々と続きました。 私は珈琲とデザートを味わい、早々に出てきてしまいました。 ・・・何だか、残念な気持ち。 食べることは生きていくこと。大切なものです。 そしてそれを、どんな気持ちで味わうのかも。 小さなおにぎり1個でも、美味しいと感じる。 そんな喜びを胸に、明日に向かって頑張っている人がいる。 そんな人たちに思いを馳せながら、お料理を頂くこと。 毎食じゃなくても、せめて手の込んだお料理を食べる時くらいしてみませんか? 目に見える支援も必要だけれど、小さなことにも心を配る。 心配するって、そういうことじゃないのかな。 だいぶ取り留めのない話になってしまいましたが、 美味しい食事に感謝しながら、幸せな気持ちで味わうこと。 そこから温かい心が育っていくものだと、私は思います。 皆さん、良い週末を!

ことばのリボン「心を飛ばす」

こんなにも朝の訪れを待ち望んだのも久しぶりです。 遠く離れた九州・熊本で大きな地震が発生しました。 しばらく眠りにつけず、ずっとテレビをつけた状態でおりました。 大切な人と連絡は取れたかな。 ご飯、食べられているかな。 トイレは使えているかな。 落ち着いた場所で、休めているかな。 東日本大震災時に経験した悩みが、そのまま心配事となっています。 復旧・復興も大切だけれど、まずは一人ひとりの安心が最優先です。 求めている物事に、迅速に対応出来る準備と心積もりはしておこうと思います。 それにしても。 ただ祈るだけの時間が、こんなにももどかしく苦しいとは。 すぐに駆けつけられる距離ではないけれど。 簡単にものを届けられるわけではないけれど。 心はずっと先に、飛ばしています。 あなたの元へと。光のように飛ばしています。 きっと、みんなそう。 一日も早く、穏やかな日常が戻りますように。 心からお祈りしています。

ことばのリボン「清明のとき」

今週もお付き合いいただき、ありがとうございました。 県内の桜も見ごろを迎えたタイミングでの雨。・・・残念でしたね。 この日はドライブして、桜を楽しもうとカメラの準備も万端だったのに。 しばらくは仕事終わりの夕方以降、天気と光と格闘しながらの撮影になりそうです。 そんなガッカリした気持ちを盛り立ててくれたのが、郡山駅構内のお花です。 七十二候「さくらはじめてひらく」の文字とともに、 溢れんばかりの生命力を、天へと高く伸ばした見事な装飾。素敵~!!! アフターDCの一環で、季節感を味わっていただくおもてなしです。 喜びって、どんな場所にもあるのだなぁと思いました。 もしもこの日が、雨ではなく晴れていたら。 満開の桜を撮影して、良い気分になっていたはずです。 でも駅に立ち寄ることはなく、この装飾を見逃してしまったかもしれない。 遅くまで車を運転して、ヘトヘトになっていたかもしれない。 雨だったから選択した結果です。 おかげで、美味しいランチに出会えて、お土産にタルトも買えました。 ゆっくりと夜を迎えられて、結果オーライの1日。 どちらがより幸せかどうかではなく。 幸せであることに、どれだけ気付けるかだと思うのです。 人生は世知辛いことが多いと感じてしまうけれど、 それだけじゃないことも、分かってる。 今、二十四節気では「清明」。 万物が清らかで生き生きと輝く季節です。 晴れの日も雨の日にも、零れ落ちそうな幸せを 決して見逃さぬよう、明るく過ごしていきましょう。 良い週末を!

ことばのリボン「アンティークな生き方」

今週もお付き合い頂き、ありがとうございました。 3月31日と4月1日。 たった1日で、こんなにも雰囲気が変わる日というのも、そう無いですよね。 番組BGM等も変わり、皆さんと一緒に新鮮な気持ちで楽しんでいます。 きっと1週間もすれば、すっかり慣れてくることでしょう。 フレッシュで瑞々しい空気感が漂う季節ですが、 私たちが気付いていないだけで、「変化」は日常です。 モノに対する思い入れ、誰かを愛する気持ち、仕事や勉強のモチベーション。 何かを学んだり、知識として得たものが多ければ多いほど、変化は大きいでしょう。 その変化に抗うことなく、受け止めながら前に進んでいけたなら 年を重ねる喜びへと繋がっていく気がします。 アンティークの調度品のように、隅々までしっかりと手入れをして 時を重ねた美しさやしなやかさを身に付けたいですね。 良い週末を!

最新記事
タグから検索
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © 2014onoderaakiko All Rights Reserved.