ことばのリボン「包み込む光」


節目という言葉では決して片付けられない、

いつも以上に心を砕く3月がやって来る。


先日、駆け足で見てきた

会津絵ろうそく祭り〜ゆきほたる〜


幼心に恐怖を感じていたであろう子ども達が、

10年の時を経て、

安寧を願って作った銅製の行燈。


強くはないけれど、

とても温かくて健気なその光の波が、

辺り一面を照らしていた。


本当に、

本当に美しくて。


もうそれだけで、十分だと思わせるくらいだった。



あの日から、

私たちは、どれほどの悲しみに向き合ってきたのだろう。

そこから得たものは、

かけがえのないものばかり。だっただろうか。


傷ついて、傷つけられ、

無意識の中で傷つけたことだって、きっとある。


今回の余震で、

気づかなかった感情や考え方があることも知った。


前を向いて、歩くことが苦しいなら、

下を向いて立ち止まっても良い。

振り返って、見つめ直すことだって。


それぞれの歩みで、

自分と、

そして愛する人たちを、

これからも優しく包む光になろう。


みんなで。

タグから検索
最新記事
アーカイブ