ことばのリボン「春を待つ」


想像もしないことばかりだった2020年。

日常のありとあらゆるものを

何とかアップデートして過ごした1年。


そして、2021年。

想像の及ばないところにも心を配り、

目を向けて

耳を傾けていく年になりそう。


どんな風になっていくのかな。私。


思いもよらぬことで足止めを食らったり、

誰かの悲しみや苦しさを知って

勝手に自分ごととして捉えて奔走したり、

訳の分からない不条理な現実に

涙を流すこともあるかもしれない。


けれど、淡々と生きていく気もしている。


お腹が空けばご飯を食べ、

眠くなれば温かい毛布にくるまって眠る。

あるもので十分だと知り、

足りていることに感謝をする。

 

当たり前のことを、

当たり前に出来ること。


それが幸せだと、自覚しながら


ちゃんと呼吸を深くして、

生きていきたいなと思う。


これまでとは違った形で、

これまで以上にエネルギーを消耗して

くたびれてしまうこともあるだろうけど。


それでも、

半ば諦めていた夢や、

ぼんやりと描いている未来に向かって

少しずつでも近づけたら良いな。


凍えるような寒さも、いつか終わるから。


春を待ちわびながら

未来へ、

明るい光を取り込めますように。

タグから検索
最新記事
アーカイブ