ことばのリボン「隙間」


今日のモーニングフリーウェイふくしまに

お付き合い頂いた皆様、ありがとうございます。

昨日は少し寝不足気味で、

心も身体も、ずしっと重い朝を迎えていました。

それは、どうやっても不可抗力でした。

でも、当たり前なのかもしれないですが、

どんなに眠くても。

辛いことがあっても。

悲しくてやりきれないときでも。

マイクの前に立たなければという使命感。

いつもと変わらない声を届けるというスタンス。自ずと身についてしまっているようです。

毎日の生活の中、穏やかな心の隙間に、

ザラリとした感触の何かを押し込む時。

何故そうするのか考えることがあります。

ふわふわと心地良くて、甘くて優しい世界に

包まれていれば、幸せなはず。

だけど、時に無理強いをしたり、

苦いものを飲み込もうとすること。

ありませんか?

きっと、それは、その先を求めているから。

慣れない手触りの「何か」を通して透かしてみる世界に、

今までとは違った価値を、見出そうとしているからだと思うのです。

時々、ゴツゴツと心に引っ掛かるものが大きすぎて、

なかなか先を見通すことが出来ないけれど・・・。

心の隙間にはめ込んだ「いつもと違う何か」で、

見えてくる世界がちょっぴり楽しいものだと良いですよね。

良い週末を!

タグから検索
最新記事
アーカイブ