ことばのリボンKindle「この日」


今月から、ことばのリボンを再開します。

4月に電子書籍化されたものから毎週1編ずつ紹介し、

月に一度、新しくことばを綴る予定です。

どうぞお楽しみに。

**********************************

「3月11日」という日を毎年迎えるたびに、

きっと皆が、何かを想うのですね。

「あの時間」と、ほぼ同じ時間の今日の空。

揺らめく雲が、少し胸をざわつかせます。

3月に入ってから、一日一日が何だかスローテンポに感じていました。

でも、やることは山のようにあって。

全く心が追いついていない状態です。

震災が起きてからの数ヶ月、リピートして聴いていたCDを

久しぶりに部屋で流してみました。

すると色々なことが蘇ってきます。

あの時。

ただひたすら、

避難所や給水場所の地名を伝え続けた震災後の数週間。

自分の言葉が無力に感じて、賑やかなテレビはもちろん、

やわらかな音楽でさえ受け入れられませんでした。

あれからの私は、何か変わったのかな。

ちゃんと何かを届けることが出来ているのかな。

目に見えないものばかりを饒舌じょうぜつに語ることで、

誰かを傷つけていないかな。

不安になることも、いっぱいあります。

それでも。

それでも、胸をざわつかせる空だって、

時の流れとともに澄みきった青色や、

一面を紅く染めるまぶしい朝焼け、

穏やかな光に包まれた夕暮れになる。

世界は、煌きらめいて、美しいもので溢れている。

人はあたたかい生きものだし、

言葉や音楽も、大きなちからになる。

そう信じて、自分の道を歩んでいます。

間違ったり、迷ったりすることも沢山あるけれど、

それでも私は生まれ育った故郷である福島で

「ことばのリボン」を結んでいきたいと思っています。

しばらく眺めていた空は、

澄みきった青空に変わっていました。

タグから検索
最新記事
アーカイブ