Copyright © 2014onoderaakiko All Rights Reserved.

Please reload

最新記事

ことばのリボン「想いをのせる」

2017-5-26

今週1週間も、お疲れ様でした。

 

昨年の12月まで毎週金曜にお届けしていた「ことばのリボン」は

5月から電子書籍化したものより1編ずつ

ご紹介することで再開しました。

月に一度は、新しく言葉を綴ることにしています。

それが、今日でございます。

 

今、ページを開きたい気持ちをぐっと抑えて、

表紙を眺めている本があります。

小川糸さんの「ツバキ文具店」です。

今、NHKで放送しているドラマの原作です。

 

鎌倉の文具店を舞台に、手紙の代筆を行う「代書屋」という仕事を

先代から受け継いだ女の子の日常が描かれています。

 

今となっては、代書どころか手紙を書くことも少なくなってきました。

と言うより、残念ながら全く書きません。

けれど、このドラマを見ていると無性に手紙を書きたくなるのです。

 

あの時、本当は言いたかったこと。

ずっと心に残っていて、謝りたかったこと。

素直になれなくて、いつも濁してしまっていること……。

 

忙しいというのは、ただのエクスキューズなんです。きっと。

 

TVやネットに費やす時間を、ほんの少し減らせば

手紙を書く時間は作れるはず。

 

面と向かってではなく、電話やメールでもなく手紙で伝えること。

 

伝えたい想いを、

吟味して選んだ便箋とペンでしたためる。

その人を想いながら、ゆっくりと丁寧に。

 

そんな時間を、これからは作っていこうと思っています。

 

さて、電子書籍を出版したご報告も兼ねて、

皆様とお会い出来る機会をと考えています。

詳細は、また後日。どうぞお楽しみに。

 

 

良い週末を!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square