ことばのリボンKindle「ぬくもり」


(4月に出版した電子書籍より)

肌寒い季節。

ストールを引っ張り出して、温まる毎日です。

温かいものに包まれる幸せをしみじみと感じながら、

「ぬくもり」ってどんな時に欲しくなるか考えてみました。

もちろん、寒い季節。

肌に優しく触れるぬくもりは、幸福感を与えてくれます。

そして心が冷たい時も、温かい何かを求めています。

泣きたくてたまらないとき。

堂々巡りで、天を仰いでしまうとき。

誰かに聞いて欲しいのに、

言い出せない。

そんな苦しみを抱えているとき。

「どうしたの?」って気付いてほしくなるものです。

頬を両手で包んだり頭を撫でたり、

背中をさすったり。

そんなシンプルなぬくもりが欲しくなります。

心に何枚も何枚も

毛布を掛けて欲しいと、願う。

だって、

その時の温かさを知っているから。

安心するのを、本能で分かっているから。

自分もあったかい毛布のような言葉を、

誰かに掛けてあげられているかな。

もっともっとあったかい人になりたいなぁ。

……そんなことを思った、凍える冬の夜でした。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © 2014onoderaakiko All Rights Reserved.