ことばのリボン 「金盞香(きんせんか さく)」


今週もお付き合い頂き、ありがとうございました。

日に日に空気が冷たくなり、町の景色も変わってきていますね。

昨日は、生放送後のんびりとランチをして公園をお散歩してきました。

色付いた葉っぱが、風に吹かれてカラカラと落ちていきます。

静かな午後のひと時に、その音だけが耳に届いて。

何とも切ない気持ちになりました。

先日、色々な出来事が同時に起きて、大変な思いをしました。

時間が経てば、自然と片付いていくものですが、

こうも重なるのかと、少々心がくたびれてしまいました。

でも、こんなに大変な事が重なるのも、滅多にないなぁと

半ば諦めて、受け止めようとしている自分がいました。開き直りかな?笑

必死に抵抗したり、理不尽な状況に怒ることもあるのでしょうが、

その時、私の心は、そういう感情は必要ないと判断したようです。

マイナスな要素や、自分にとって嬉しくないニュースを受け止めるのは体力が必要です。

でもその先には、何か意味があるのだと信じること。

ここ最近は、割と出来ている気がします。もちろん全てじゃないですけれど。

色付いた紅葉が命を全うして土に還り、その土が新しい命を生み出すように。

どんな出来事でも、何かを生み出すエネルギーを秘めているのだと思いたいですね。

七十二候を見てみたら、立冬の末候「金盞香(きんせんか さく)とありました。

厳しい寒さの中に、キラリと希望を感じるときなのですね。

感情とリンクしているようで、嬉しくなりました。

良い週末を !

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © 2014onoderaakiko All Rights Reserved.