ことばのリボン「想いの純度」


自分の気持ちを伝えて、しっかりと相手に理解してほしいのに

なかなかそれが叶わないという、歯痒い場面に出くわしました。

涙まじりに言葉を紡ぎ出す姿に、胸が苦しくなりました。

出来ることなら、私が代わって伝えてあげたい。

そう思いました。

想いは100%、いやそれ以上になって、溢れんばかりだというのに、

それをそっくりそのままの成分で、相手に届けようとすることが

こんなにも難しいものなのかと、うなだれてしまいました。

言葉を重ねて、何度も何度も伝える時間を設けたとしても、

心の扉を、中途半端に開けている人には、

その隙間程度の想いしか届きません。

それって、なんだか悲しいです。

けれど

何の障害もなく、オープンマインドで

相手の言葉を、純度そのままに受け止める。

これは、相当難しいことかもしれませんね。

自我や希望、期待を相手に押し付けて、

思い通りにしてほしいと

その通りになってほしいと

無意識に切り替えて、ズレた感覚で捉えてしまう。

当たりじゃないけど、外れてもいない。

ほんの少しの違和感を持ち合わせながら。

その違和感が、大きなひずみにならないようにしなければ。

大切な人の幸せを願うときには、特に。

まっさらな心で、

想いを、受け取る。

大人になればなるほど、必要だったりします。

純度の高い想いを、受け取ろうとしても、

必ずしもイコールにはならない。

ならないけれど、

それでも、

寄り添えるくらいに近い感覚は持っていたいですね。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © 2014onoderaakiko All Rights Reserved.