ことばのリボンKindle「気遣い」


加筆修正して4月に出版した電子書籍よりご紹介しています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

親戚25名が集まり、祖母の米寿のお祝いとして旅行をしてきました。

娘、息子、孫たちが、行く先々で祖母に手を差し出します。

足腰の弱くなった祖母を、みんなが気遣うあったかい時間でした。

普段から賑やかな人達が輪をかけて明るく、

みんな笑顔の二日間でした。

ニコニコと微笑む祖母の顔を見るたびに、こちらも嬉しくて。

「この人がいなければ、今の私はいない」

そう思うと感謝の言葉も、自然と出てきます。

一人ひとりが積み重ねてきた日々には、

その人なりの生き方やこだわりがある。

それを周りがどうこう言えるものなんて、何もない。

何かを得るために、何かを捨てたかもしれない。

色々な失敗をして、苦しい経験をしてきたかもしれない。

でも大切にしたい人がいるから、

守りたい人やものがあるから、

頑張ることが出来るし、毎日を生きられるんじゃないかな。

底抜けに明るい私の親戚たちだって、

毎日色んな想いを抱えて生きている。

沢山の悲しみや苦しみ、辛いことをいっぱい。

だけど。

……だから、みんな気遣いあって

生きていけるのだと思うのです。

おせっかいで過剰なほどの

気遣いに溢れた親戚たちは、

私の誇りです。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © 2014onoderaakiko All Rights Reserved.