Copyright © 2014onoderaakiko All Rights Reserved.

Please reload

最新記事

ことばのリボン「記憶の輪郭」

2018-1-26

「人は、忘れていく生き物だから」

 

いつだったか、誰かが不意に

放った一言が、心に残って離れません。

 

シンプルで、少し冷たくて、きっと現実だから。

 

悲しくて悲しくて

眠れなかったことも。

 

悔しくて悔しくて

ため息ばかりをついていたことも。

 

嬉しくて嬉しくて

飛び跳ねたことさえも。

 

喜怒哀楽という引き出しから、取り出してどこかに

置いてきてしまうことが、度々あります。

 

記憶の輪郭が、ぼんやりとしてきて

「あぁ、こんな感じだったっけ……」という位に滲んでいきます。

 

きっとそんな風に、日常は紡がれていくものなんですね。

 

 

忘れてしまうのは、仕方がない。

色褪せてしまうのも、自然の成り行き。

 

人間は、そうやって生きていくものだから。

 

だからせめて。

自分の都合よく加工してしまった昔の記憶を、

たまに思い出して、確かめるようにしています。

 

「悲しかったけれど、立ち直れた」と。

「悔しかったけれど、前に進めた」と。

「嬉しかったことを、忘れてはいけない」と。

 

大好きだった本を、久しぶりに読み返したら、

新たな発見をするように。

 

溶けだして形がぼんやりとした過去も、

大切にしながら自分なりに

今を、きちんと生きよう。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square